右からの合流車はよっぽど急いでいたのでしょう!

コメント: この動画は参考になった: 9
撮影者のコメント:
示談が成立したため投稿しました。相手側は緑のパイロンの所が停止線です。私は即座に停止したのに相手は全くのノーブレーキで衝突してきました。一瞬でも私の方を見れば車が見えたはずです。


コメント(3)

| コメントする

動画は駐車場内の事故なので当てはまりませんが、
道路においての優先関係は優先道路>道幅が広い>左方
の順で決まるので一時停止標識の有無は優先順位に関係ありません。一時停止側標識のある側が優先になる交差点も多数存在します。こちらの撮影者も含め誤解してる人が非常に多いので、豆知識として頭に入れておくと良いでしょう。

お互いに徐行じゃなくて、完全に相手が一時停止しなきゃダメでしょ。
ここの管理者は何でも「お互い様」にする方針なのか?

道交法と判例から路外は徐行です。
施設管理者が引いたラインに法的拘束力はありません。
徐行は判例では危険を感じて停止できるまでの距離が約1メートル、時速にすると約10キロメートルの速度です。
撮影者は徐行を怠り、相手方は左方の安全確認を怠った。お互いが安全運転義務違反です。
人身事故になればお互いが処罰される可能性があるので気を付けましょう。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。