危ない!

コメント: この動画は参考になった: 6
撮影者のコメント:
危ない!


コメント(5)

| コメントする

私の場合、こういう事が起こり得るので、分岐部付近や料金所前後では隣の車を無暗に追い越さないようにしています。

この分岐の標識,どうなってるんですか?

massymassy

現場は、東名高速道路の横浜町田インターの名古屋方面への誘導路かと思います。
東京方面との分岐は問題の箇所の手前(動画では0:05付近)で既に終えています。
現場は、本線の直前まで2車線になっています。問題の場所は道路の中央に本線を支える橋脚があるので一見分岐しているように見えますが、本線をくぐるとすぐに通常の2車線に戻ります(動画でも確認出来ますね)。したがってどちらの車線を進んでも問題なく、特に案内標識は出ていません。
問題の車は「名古屋方面は右」という意識はあったものの、本来の分岐箇所を漫然と通過してしまったために、分岐のようなものが見えたことで焦ったのかもしれません。
仮に、どちらに進んでも名古屋方面に行けることを示す表示があったり、手前の区分線を黄色になっていたりするなど何らかの対策が講じられていれば、防げた事案かもしれません。
いずれにしても紛らわしい箇所では自分が慣れていても慎重な運転が必要だなと私も実感しました。

ありがとうございます。
道を知らなければ焦りますね。
道路のせい,としておきましょう。

相手の死角に入らない=防衛運転もそうですが 

私は万が一に備え常に自分の退路を用意した走り方が防衛運転だと思ってます。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。