歩行者接触事故

コメント: この動画は参考になった: 14
撮影者のコメント:
渋滞で交差点内で止まっていた車のせいで、歩行者が見えずに右折してきて接触したみたいです。


コメント(6)

| コメントする

横断歩道上の黒い車は「先詰まり」で残ってしまったのでしょうか。元凶はこの車ですが、右折車は死角の確認(上手い言葉が見付かりません)、つまり車の陰の部分をよーく見なければならないのに、安易に横断歩道を横切った結果です。

車の方にも責任はありますが、歩行者の方にも責任はあります。
今の現行法による、歩行者は法律で守られていると言う過剰意識のため回りを確認しないケースが多く見られます。特に雨や雪の時に車の方も視界が悪くなっていると言う想定があれば、例え横断歩道でも車の影からの飛び出しは、無いだろうと思われます。

歩行者の方は、大丈夫だったのでしょか?

交差点内の車は関係あるでしょうか?

歩行者と加害車両の位置関係が死角を外れてから接触まで、3秒ほどの猶予はあるように見えますが…

私もフィットに乗っているから分かるのだが、フロントピラーの死角が大きく、特に雨の日の夜間にこの死角に歩行者が入ると危険。交差点右折時は意識して首を動かしてピラーの陰に人がいないか見るようにしている。フィットに限らず最近の小型車は形状的にフロントピラーが大きく前方斜めに死角が発生しやすいので要注意。

こんな危険な運転をするドライバーがどうして運転免許を持てるのか甚だ疑問。こういう一方的に悪い事故を起こしたら免停ぐらいの厳しい措置を取るべきだと思う。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。