バイクは運転と平衡を保つ二重作業を同時実現

コメント: この動画は参考になった: 6
撮影者のコメント:
自動車が左に曲がる際に、脇から来たバイクを巻き込みバイクが弾き飛ばされました。自動車がウィンカーをつけているのに、バイクが脇をすり抜けようと突っ込んでいます。バイクの自業自得でしょう。


コメント(8)

| コメントする

郵便屋がかわいそう。ウインカー付けてた・付けてないで揉めてなければいいけど。
自分は左折時バイクが入れないくらい寄せて曲がるけど・・・。

クソバイクの見本だな、あの状況何故突っ込むのか理解不能
あれで車の過失割合の方が多いだろ…
納得いかねー!

原付の方が圧倒的に悪いとは思いますが、郵便局も幅寄せ全くしていないようですし左方の確認が多少甘いと思います。
どんなに幅寄せしても無理やり通る原付もありますけれど、事故になるよりはマシですから。

この道の感じだとバイクの通ってたとこも車線に見えなくもないですがどうなんですかね?

まずは、杓子定規な事から。配達車、ウインカーを出してから2秒でハンドルを切ってるね、距離も不足かな。バイク、どう見ても50キロ走行とは思えないね。

で、「思い込み」だね。配達車は「見えない」(確認していないだけ)から、居ない。で、合図から短時間で左折。バイクは、すり抜ける対象の動静には注意を払わないといけないのに、「直進」と思い込んでいるからすり抜けようとした?


道路交通法施行令第21条
左折について
その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあつては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき。

道路交通法第34条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

同六項
左折又は右折しようとする車両が、前各項の規定により、それぞれ道路の左側端、中央又は右側端に寄ろうとして手又は方向指示器による合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした車両の進路の変更を妨げてはならない。

私もバイク乗りなのでこういう事故の危険性は十分わかっていますが、それでも速度を落とさずに車両の左側を通り抜けていこうとするバカなバイクが多いですよね。
私は、ビッグスクーターですので少しでも無理だと思ったら横の通りぬけはせずに車両の後ろについて走るか、右側を追い抜くようにしています(もちろん右側のレーンの車両を確認してから、ですが)。

憑かれてたんだろ、ご愁傷様

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。