歩きスマホ【ながら○○】

コメント: この動画は参考になった: 9
撮影者のコメント:
自車が軽自動車でエンジン音が大きいために、歩行者が事前に気づいてくれました。もしこれがHV車であれば、クラクションを鳴らさない限り気づかないでしょう。


コメント(17)

| コメントする

本当に、無防備過ぎると思う。
携帯端末やスマホを使用するときは最低限でも腰を据えて利用してほしい。

歩行者の歩きスマホがクソなのは分かるが、
歩行者が出てきてるのが分かってるのに
投稿者は減速しようとする気配が皆無な件。
普段から俺様運転してんだろうな

これを「俺様運転」と言われちゃぁ……。
確かに減速はしていないようだけど、ゆっくりだから急停止でも充分避けられると思うね。それに、前後でも充分ゆっくりと思える走行速度にほぼ変化が無いのに、文句を付けるのも…。

ひたすら横断歩道がない道路じゃないですか。どこを横断してもかまわない。
既に横断を開始しているのだから、歩行者に優先権がある可能性もあるのでは?
スマホ見ながら歩くなよ、とは思いますけど。

交差点なんですから、明らかに歩行者優先ですよ。


「横断歩行者等妨害等」

道路交通法第三十八条の二
 車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において
歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。

 罰則 道路交通法第百十九条第一項第二号の二
故意犯 三月以下の懲役又は五万円以下の罰金
過失犯 十万円以下の罰金
反則金 普通車 九千円
違反点数 2点

歩行者が注意不足だとしても、既に渡りはじめている歩行者を優先して渡らせてあげるのが正しい方法と思います。
また、撮影車はこの後の一時停止で完全に停止してませんね。

横断禁止の表示がないから、優先権は歩行者にある。
勘違いしてる人がいるが横断禁止に成っていなければ、横断歩道以外でも歩行者は渡れる。

歩きスマホも危険だが、歩行者が渡ろうとしてるのに停止もせずクラクション鳴らして威嚇しようとするコメがある。

道路は全て車優先とでも思っているのかな?

歩きスマホは別として、交差点は歩行者優先って常識じゃないの?

横断するときはお互い注意するものでしょう。
車は最初からゆっくり走っていて、いつでも止まれそうです。
歩行者は、左右確認していないのがあぶないなぁと思います。

歩行者も注意しているからとか
いつでも止まれる速度なので良いというモノではなく
車道のど真ん中を歩いている訳でもなく、歩行者が明らかに横断していようとしている状態ですので
この場合は撮影者が停止して歩行者を渡らせてから通行するのが正しい交通ルールかと思われます。
歩行者がいるのにも関わらず信号がなければ横断歩道があっても止まらないドライバーが多すぎます。
歩いている人が見ているから先に行ってもいいだろうなんて気持ちはドライバーとしては失格かと思われます。
歩行者は車よりも交通弱者ですから優先させる気持ちを常にもって運転していきたいものです。

歩きスマホを指摘している人が多いけれども、そもそもそれ以前の問題なんだよね。(歩きスマホは他の歩行者や障害物とぶつかって危険という事)

補足で
だから、歩きスマホしていようとしていなかろうと、路上に歩行者がいたらドライバーが取るべき行動というのは変わらないはず。

歩行者がどうあってもドライバーのとるべき行動が変わらないなんて事は無いでしょう。庫の手の道で歩行者だ縦横無尽にいたら車はずっと動けないの?
道はみんなの物よ(歩行者の物ではないの意)

譲り合って気持ちよく道を使いましょうよ。
相手を見もしないのが論外なんだよ。

そもそも、車と歩行者の立場を同列に考えるのが間違い。
ドライバーには常に歩行者優先の意識がないと駄目。この意識が欠落しているドライバーが多すぎる。

歩行者にクラクションを鳴らすことは『道路交通法第54条』で禁止されていたと思います
しかし動画内ではクラクションを鳴らすことを推奨していますね
動画で説明されてる、『自動車を優先して走らせるために、歩行者を安全に停止させる目的でのクラクション』は
例えば、高速道路で数多くの自動車が法定速度を守らずに何の問題もなく走っているのと同じように扱えばよいのでしょうか
コメント欄を見ているとみなさんの意見もバラバラで、どのようにするべきであるか不安になります
他人に迷惑を掛けず、また警察のお世話にならないという点から、できればお答えをお願いします

いわゆる「生活道路」でしょ。
優先道路の意識を持っている時点で間違っているのでは?
まあ,スマホ歩き君は車のいない道と思って斜め横断をしようとしていますので譲るにしても警告はあってよかったとおもいますが。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。