ETCレーン手前、追突しそうになりました。

コメント: この動画は参考になった: 1
撮影者のコメント:
トラックが、左から寄って来ました。あわてて急ブレーキで、衝突を回避し、車は無傷でした。プロのトラックドライバーなら周囲の安全確認をしてほしいものです。


コメント(9)

| コメントする

トラックドライバーは結構、レベル(技量、マナーとも)のばらつきがありますよね。プロだからと言ってもあまり信用できません。
バス運転手だとかなり信頼度高いですけどね。

最後のハザードは謝罪の意味かな?
今回は幸い事故にはなりませんでしたが、二度とこのようなことを起こさぬよう安全確認を徹底してもらいたいものです。


ETCレーン1つしか無いんだから、当然少し前を行くトラックが入ってくる事は、予測できる。
無理に前に入ろうとはせずに、少し退けば危険な目には合わなかったのに。

こえーよ、トラックは行きたい車線を確認すべきだし、3車線の移動にしてはスピード出し過ぎ?普通車は、少し前にいるトラックがどこまで右に来るのか予測が足りなかった。
後ギリギリまでブレーキしないのも悪い?ブレーキ判断が遅い??あそこからトラックに道を譲ることはないだろうし・・・

でも、トラックは後ろ見えにくいだろうね、普通車の配慮があればよかったような

↑勘違いなさっている点が有りますね。動画のコメントのように寄って来たトラックは直前に合流車線から入ってETCレーンに進もうとしているのです、死角になっていたでしょうね。
撮影者さんが走っている道路は二車線です、これを書く前に何度も確認しました。で、動画コメントにも有る様にトラックの動向は目に入りますから、撮影者さんはウインカーが点滅しているのだから「直進優先」とは考えずにトラックを入れされるべきです。

動画コメントに無い問題点が三つ。まず撮影者さんは、ETCレーンに入るのに進路変更してますが、もう少し早く入っているべきですね。で、合流車線から料金所までの距離と言うか線形がよろしく無いように感じます。そして、撮影はかなり前と思うのでETCレーンは複数になっていると思われるのでこの様なことは減ると思うのです。

合流車は一番左の「ETC/一般」レーンを使うよう設計されています。一般車が混ざることを嫌がって大型車が無理な車線変更をしてきていると判断するべきでしょう。大型車は自分の行動がわかってやっているので目視で撮影者さんを捉えており,ハザードランプは完全に「サンキュー」の意味でしょう。われわれ普通車は「お仕事ご苦労様」と入れてあげるのが身のためだと思います。
ここ,合流からゲート〔+出口〕までが短すぎて,ETCレーンを増やすとそれはそれで危ないと思います。

トラックのドライバーは全てを視認した上で幅寄せしてきたものと考えられます。
巨体を使っての威嚇行為は強い非難に値しますね。
こちらも、追い越し車線を走っているのですから、
しっかりと追い抜くべきだったと思います。

しかし、全体としてみれば
ETC制度の矛盾が生み出した、無用なヒヤリ・ハット事例だと思います。

>しっかりと追い抜くべきだった

いや、追い抜くのではなくて、下がるが正解でしょう。
追い抜くには急な加速が必要になって、より危ない・・。

難しいところですが、大型車が合流してくるのが見えた時点で
加速して、しっかりと先に行くべきでしょう。
追い越し車線というのはそういうものだと思います。

抜くにせよ、下がるにせよ、
相手に意図が伝わる運転をすべきで、
漫然と併進するのはよくないと思います。

いずれにせよ、そのように切迫した状況を作り出した
ETC設置者こそが一番責められるべきケースだと思います。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。