道路には多くの危険が潜む

コメント: この動画は参考になった: 11
撮影者のコメント:
次から次へとまぁ危険が迫るな、と思いました。急に停車し左折レーンを塞ぐ車。その車からドア全開で降りて来る人。突如、歩道から車道を斜めに横切る原付。


コメント(5)

| コメントする

動画からは急に停車したのかわからないけど、ドアは車が行き過ぎて開けて、撮影車両が来る前に閉めているし、原付も撮影車両が右レーンから戻る前に出ようとしているのだから、もっと減速してもよかったのでは?
危険が来るのではなく、危険を呼ぶ運転をしているように見えます。

ドラドラユーザーってこういう運転の人多い気がする。

急に停車とあるが、動画を見る限り最初からハザード付けて停車→右側車線に車が無い時に降りている。
路上駐車は褒められないが、これはイチャモン付け過ぎかと。

バイクは・・・ 確かに危ないね。

↑ひとつ教えとく、「ドラドラ」は画角の違いから目視とは距離感がかなり違う。「危ねぇ」と、思って撮影ボタンを押した後に再生動画では大したことなく、投稿を何度も諦めてる。

指摘のとおりに、投稿者さんは直前で減速をしていれば、ここまで急接近することは無かったかもしれないが、どちらともそんなに離れては居ないから結構際どい。
それと、ハザード車。後方からの走行車が居るのに降車ってのは、あきらかに駄目だろうが。ドアを閉めていればOKってのは都会ルール?
原付。進路指定道路の直線に入るため斜め走行しているが、無理をしなければならないケースと分かっていても敢えて一言。「事故注意」のペイント、道路には着色と、後方確認は必須の道路。それを、直視確認せずに発進(ミラーで見てるかは不明)ってのは事故を呼び寄せる行為ですな。

変則交差点角のスーパーなんてのは、この程度以上の危険はいくらでも潜んでいる場合が多々有ります。何があっても止まりきれる速度での走行が心得だと思うのですが。

私も同じように、結構前からハザードをつけて停車している車両が確認できているのだからそれを避けて走ればいいことだし、交差点が近づいているのだからもっと減速して走るべきだと思う、映像で見る限り速度を落とさないで走っているからこちらにも非があると思うけど・・・

投稿者の速度は普通です。「減速していたら」と言うのは常套句なのでよく使われるようです。
日常的なシーンだと思います。予測外なのはハザードの車のドアが助手席側でなく運転席側が開いたということでしょう。
バイクに対しても減速していて判断は適切です。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。