お年寄りの乗った車が突然・・・

コメント: この動画は参考になった: 11
撮影者のコメント:
なんとなく出てきそうな気がしていたのでブレーキを踏む事が出来ました。危険予測は大事ですね。


コメント(11)

| コメントする

これ年寄りではないんじゃねーの
年寄りがハザードの挨拶知ってるか?
俺なら追い越してあえて道路のど真ん中で停めて説教だな

あんまり予測運転できてないのでは?けっこう急ブレーキ・・・

動画には付いていないコメントになりますが、◇が見えている左カーブはブラインドで先が見えません。つまり飛び出してくる車は直前まで他車の存在に気付いていないのです。なので、投稿者さんは◇からほんの少しだけですが減速すべきです。
人間の反応には限界が有ります、時速を5キロとか10キロ落とすだけで空走距離が減りますので危険回避の可能性が生まれます。良くないのは漫然と速度を維持したまま走ること。

と、いいますかクラクション鳴らす余裕あるなら同乗している人や子供の為、更には後続車に対してもブレーキを優しく踏む事に集中しましょう。更にぶつかりそうになって車に近づいた時にわかったのですが夕暮れ時なのにあなたが前照灯をつけないで走行してる事にも問題があります。相手からあなたが見えにくく入ってこられてもしょうがないです。それと、どうみてもあなたが40キロで走ってるようには見えません。速度40キロだと一秒間に11メートルおよそ車二台分の長さ進むのですが、何回みても速度オーバーに見えてしまいます。

ライトが点けてないように見えます。
高齢者や子供は大人に比べて視覚が狭いのでライトを点けてあげましょう。
この暗さならカーブミラーには写ってないと思われます。
人を跳ねたらどっちが悪いと言ってられないし。

・横断歩道を示す◇が見えるのと、前方右側の銀の軽四が見えるのが同時。
・横断歩道なのでブレーキを構えると同時に、銀の軽四に気づいて、もっと早く減速していたら、より余裕をもってブレーキを踏むことができたはず。
・撮影車が前照灯を不点灯であったことも、銀の軽四が、撮影車を発見できなかった一因かも。
・撮影車のドライバーは、銀の軽四を責める前に、自分のミス・落ち度を反省すべき。

他の方も言ってますがヘッドライトを点けましょう。
最近 メーターそのものが液晶表示になったりで常時発光しているからでしょうか、無灯火がとても増えました。

私はオートライトという装備は好みません。
暗くなったからライトを点けませんか?? という仕組みにしたほうがよいと思います。
外国車にあるみたいですよ。 暗くなると、メーターの光が消えてしまう。→ライト点灯するしかない。 という仕組み。

しかし、メーターが光ってないであろう古いクルマでも 無灯火で走る人がいるので
そこまで頭が不自由な人は運転しないでほしい。

黒いボディの無灯火なんて走る凶器、狂気ですよ。

速度超過の暴走行為とダイヤマーク=徐行義務の大切さがよくわかる動画ですね。
それと、クラクションを鳴らす余裕があるのなら、安全運転に100%の神経を集中させてください。
警音器使用制限違反について一読なさるとよいでしょう。
そして、ライト点灯は早めに。私はね、自動車は昼夜問わずライト点灯を義務付けるべきだと思いますよ。
それだけの危険でリスクの高い車両なのですからね。自他の死傷、交通刑務所行き、それぞれのリスクが総合して高いのが自動車という凶器の運転です。

この高齢者 危ないので 追っかけて説教しましょう

ライトがどうこう言っている方が多いようだけど、それ以前に相手の方が問題でしょ?
仮に、自分が同じような場面に遭遇した時、「あ。ライト点けていなかった自分も悪かったな。」なんて思える? 絶対そんなの無理だって。 あくまで他人事だから、こういうコメントが出てくるんだよな。 確かに、夕暮れの時は早めの点灯が望ましいが、こういう飛び出し方をする人は、たとえライトを点灯させていたって飛び出す時は飛び出してくる。 真っ暗闇を無灯火ならまだしも、この程度なら、まだライトを点灯させずに走る人がいる事も事実。 出て来る側だって、しっかり左右を確認していれば、こんな見落としは起きない。 「高齢者だから、確認能力が…」等と言うのだったら、危険だからさっさと免許を返納した方が良いよ。

わき道から出てきたクルマのドライバーは、こっちに視線を向けていたのでしょう。おそらく。
しかしこのスピードで無灯火の車が左から接近して来ていたらどうでしょうか。

左を見る。「クルマ来ない、発進。」いきなり闇の中からクルマが突っ込んで来た!

そんな感じなのではないでしょうか。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。