横断歩道は何のためにあるの?

コメント: この動画は参考になった: 3
撮影者のコメント:
横断歩道を渡ろうとしていたので止まって待っていたら、対向車もそれに気付いて止まったのだが、その後ろの車から思いっきりクラクションを鳴らされていた。あわてて渡っていた歩行者は、いやな思いをしただろう。


コメント(8)

| コメントする

義務としては間違ってませんが、ちょっと急ブレーキですよね。録画作動するくらいですから、急に止まられた後続車は不愉快な気分だと思います。
泊まる気持ちがあるのであれば徐行すべきだと思いますよ。

車間が狭い後続車が悪いのでは?

確かに自動で録画作動するほどですから急ブレーキですが、鳴らされるまでに何秒かありますから後続車の車間がそれほど詰まってるとも考えにくいです。
単に横断歩道なんかで止まるな!というクラクションなんでしょう。
こういうところで停まって歩行者が渡ろうとしているところを平然と追い越していく車もありますね。

あと、クラクションを無闇に使う方をよく見ますが、路線バス・観光バスが発車するときを除いて大半が違法です。

クラクションの主は対向車の後続車みたいですよ。

車の運転も、動画投稿者のコメントを読むのも、落ち着きが大切です。

横断者が渡りかけてるのに後ずさりさせ
かつ止まらない対向のトラックは
横断歩行者妨害違反です。

まさにAll you Need is LOVE

長く運転していてこの場面が最も悩むところです。
結論的にいうと、車が流れているときの対向車線側の歩行者には注視はするものの止まりません。自車線側でゆっくる止まれるときは止まります。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。