ごめんなさい!

コメント: この動画は参考になった: 9
撮影者のコメント:
ぶつけちゃった??。ぶつけられちゃった??。


コメント(26)

| コメントする

これを「ぶつけられちゃった??」と言っちゃう人が運転していると思うと恐ろしいですね。
最後に右から左へ通過する車も停止しそうな速度ではないし、渋滞の隙間から頭を出したわけではないように思えます。
タグにある「無理な突っ込み」そのものでしょう。

このドライバーを含め、何故右(左)折するときに逆にハンドルを切る人が多いのだろうか。
自分の車幅くらい知って運転していただきたい。

また、この映像は明らかに「ぶつけた」映像でしょ。
運転者に事故を起こした自覚がないと言うのは反省の念が無さすぎますよね。

これは『ぶつけた』だけですね。
最初の接触車の速度が気になるものですが
いずれにしろ、一方的に二台にぶつけられた
車の方が生存していて何よりです。
一歩間違っていたら死んでしまっていたかもしれません。
あなたは、更なる運転への自覚を持つべきです。
ぶつけられちゃった?ふざけるのも、大概にしてください

これでぶつけられたっていう意識が少しでもあるんだったら大間違いだと思います。最初に接触した車が法的立場上辛いでしょう。いくら飛び出してきても前方不注意になってしまいますから。ちゃんと反省して貰いたいです。

右側の車、つまり二度目の衝突車は突然の出来事として当然としても。左から走ってきた車は、ちょい安心し過ぎですね。それが証拠に、クラクションの音が録音されてません。それにしても、停まったのが随分遠いですね、意識失うほどじゃないと思うのですが。
道路に映るライトや車体の一部でこの車の存在に気付かなかったのでしょうか。「プッ」と、一発警戒音を鳴らすと事故を未然に防げるのですがね。

「ごめんなさい!」は、遅すぎ。これだけ派手にやらかすと、失う物は大きいですよ。物質もさる事ながら時間的損失も……。

見通しの悪いT字路交差点を一旦停止後右折するにあたり、右方車両にばかり気を取られ、左方車両の安全確認を怠ったまま右折した過失により、折から交差道路を、自車左方から右方に向かい直進の車両に気づくことなく衝突・・・といったところでしょうか。

危険だという認識があるのならば、窓を開けるなりして自分のできる最大限の安全確認を行えばいい訳だし、右折開始する前にもう一度左方を確認すべきであったと考えます。

完全に自車進行方向ばかりを見ていたために、左方車両の接近及びヘッドライトにまったく気づかないまま衝突した様子が目に浮かびます。

これ両脇に赤色点灯の歩行者信号あるように見えるんだけど気のせい?

That's Why 俺は信号が無い場所で右折はしない 

これって両側に横断歩道と歩行者信号がある交差点ですよね?
撮影者の信号は見えませんが、信号無視じゃないですか?

左から来た車は青信号ですから まさか交差点内で横から出てくるとは思わないでしょう?
本当に奥の毒です

路地から幹線道路?へ右折する自信がないなら、ちゃんと信号赤になるまで待つべきですね。歩行者横断歩道と信号あるじゃないですか。

これでクラクション鳴らせとか 町中うるさくてしょうがないわw

歩行者信号が青になるまで待つか押しに行った方がまだいいでしょうね。

これ、2台目にぶつかった車のすぐ後ろにはバイクがいましたから、一台目のクルマがもしもっとハンドル切っていたりバイクのスピードが出ていたり、車間が詰まっていたら確実に惨事となるとこでした。

>hirotann
>それが証拠に、クラクションの音が録音されてません。
道交法上、警笛ならせ の標識がない場所ではクラクションを
鳴らしてはいけません。それに、白い車の動きを見れば、
クラクションを鳴らす暇もなく避けるのに精一杯だった事が
伺えます。

>daidaishi
>いくら飛び出してきても前方不注意になってしまいますから
白い車が撮影車の横っ腹に突っ込んだら前方不注意でしょうが、
この場合は撮影車が白い車の横っ腹を擦ってますから、前方
不注意にはなりません。

ともかく、道交法37条で、交差点で右折しようとする車は
同交差点において直進・左折しようとする車の通行を妨げては
いけない事になってますから、圧倒的に悪いのは撮影車です。

そもそも手前車線さえ横切っていいタイミングじゃないですね
奥の車線への進入に至っては完全に運任せでしょう
免許取って20数年ですが、こんなことは一度もした事がありません

>電波ゆんゆんさん
> 道交法上、警笛ならせ の標識がない場所ではクラクションを 鳴らしてはいけません。
それも正確ではなくて、警笛を鳴らす以外の回避行動が取れないとき(例えば前車が後退してきたとき)などは警笛を鳴らしてもいいです。もっとも、このケースの場合は鳴らしても効果はなかったでしょう。撮影者が左右の車の接近に全く気を止めていないかのような運転ですから。

それと路線バスや観光バスは、旅客自動車運送事業運輸規則でバス停等からの発進時に原則として鳴らすことが義務付けられています。

側面後方にあたってますし、クラクション鳴らす暇もなく避けれず当ってます。
直進車は直前の対向車で死角にいるでしょうし法廷速度で急ブレーキかけても避けられないでしょうね。

貰い事故された相手が不憫すぎます。
この女性に免許を与えた教習所にもペナルティが欲しいくらいですわ。

ぶつけられちゃった??

どのような思考回路をしているのでしょうか?

正直、この動画だけではどういう状況なのか分からないのであまり一方的に言いたくないのですが・・・
(右はずっと直線と見て取れましたが、左側は?とか、最初にぶつかった車が接触するに至るまでの動き方、そしてそもそもこの女性ドライバーさんには近づいてくる車が見えていたのか?等)

でもやはりこの方の場合は、メリハリのある運転というか
止まる!確認する!動く!
みたいな基本的な事がいまひとつ欠落してるように見えました。

それとアクセル踏むのは車が進行方向に対してまっすぐ向いてからでも遅くないと思います。
もし近づいてくる車を発見してアクセル踏んだのならば、踏まなきゃならないのはブレーキだと思います。

とにかくこの動画だけでは情報不足なので、自分の感想は正しくないかも分かりません。
ただぶつけたにしても、ぶつけられたにしても、ひとつだけ言えるのは

あなたがあの場でその判断を下していなければこの事故は起きなかった

ってことだけですかね・・

完全に左側の安全不確認だ!

道交法的には女性が悪くなるのでしょうが・・・
気の毒な軽自動車がきっちりと停止線で止まっていることから察するに、軽自動車は譲ってくれたのでは。
そこを行かせるものかってんで多分ホンダのワゴン車が、・・とすれば同義的にはどうなんでしょうかね。
女性が「ごめんなさい」と言ったのにはわけがありそうな。
いずれにせよ可愛い人ですね。

状況を見て、女性の方は歩行者の信号はあるけど車の信号がない交差点のようですね。
こう言う交差点は良くありますね。
注意して進めば信号無視にはならない場所でしょうか。

恐らく、直進しようとした白い車の運転手は右にいた女性の車の方が赤信号で
(信号があると思い込んでた)まさか飛び出て来るとは思わなかったから
直進が青信号なのでそれなりの速度で走り抜けようとした。
女性が出てきた瞬間、『なんで赤信号で出てくんだよ!』と思ったかも。

停止線で道を譲ってくれた軽(?)が一番悲惨ですね。

結論としては女性が圧倒的に悪いが、白い車も過失0とはいかないでしょう。
9:1くらいと感じました。
女性側が左にも注意を払い、もっと速度落としてゆっくり
じわじわと進入してれば余裕で防げた事故かと。

僕も経験ありますが、明らかに出て来たこっちの方が過失が高いケースですね。僕も同じ様な事故を免許取立ての頃にやらかした事があるだけに胸が痛い映像でした。やってしまった事は仕方が無いので今後気を付けて頂き、同じ事故を起こさない事を願います。

これだけ沢山のコメントが有るのに「参考になった」は0カウント。これからしても、この動画から伝わるものが分かります。
知ってましたか、この動画は「ドラドラ動画」の初期投稿品でビックリする位の再生回数を記録していると。今、確認してみたら2万超えてました。

指摘されて気付いたのですが、この交差点はどのような信号なのでしょうか。赤く光っている「歩行者用信号」の横に補助標識らしき物が、だとすると「押しボタン」なのでしょうか。誰か住民の方教えて下さい。

「キャー、ごめんなさい、あのクルマ…」

あのクルマ、だと?事故起こした瞬間から悪いのは自分ではなく相手だ
と思い込んでいるのはどういうこと?
こういう人が公道を運転していると思うと恐ろしいですね。完全にもらい事故のミニ可哀想…。

反省してください。

どう見ても「ぶつけて」ますよね
侵入先の信号機は青信号
右側で停車した車に気を取られて左側を見ていない
これでどうして「ぶつけられた」と思ったのか

それとは関係なしに欠陥道路だとも思いますけどね

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。