気が付かなかったのか?

コメント: この動画は参考になった: 30
撮影者のコメント:
あまりにも無茶な車線変更をされた為、咄嗟にブレーキを踏んでハンドルを左に切って避けましたが、もしすぐ左にバイクなどが並走してたら間違いなく巻き込んでしまってたと思うとゾッとします。


コメント(9)

| コメントする

「あっあっあお」、言う前にクラクション鳴らしましょう。
そして止めて締めあげる!
それぐらいしても罰は当たらないくらい、酷い幅寄せ。
マジで単車が横に居たらあなたが加害者になってますよ。

その位置で並走してはいけない。

たまにありますよね。
特に大型の近くを走るときは気をつけます。

逆に、自分が車線変更するとき、隣の車を気にしすぎて、前の車に追突しそうになったことがあります。
まだ若かったので回避できましたが、最近は車間距離を十分取ってゆっくり走るようになりました^^;

エクシーガの右後方に対する目視の不備が原因と思います。しかし、撮影車もエクシーガの死角にいる時間が長いと思います。その位置で長く並走しているとエクシーガからは、目視をしない限り認識できません。早々に追い越すか、減速して後方に退いて、危険な状態を解消することが必要だったと思います。

私は毎日250CCのバイクで通勤していますが、斜め後方にバイクがいることを知らずにいきなり進路変更してきて恐い思いをしたことがあるので、それ以来は車からの死角になる部分で並走しないようにしています。
特に高齢者や女性のドライバーは要注意なので近づかないか、サッと追い越していくようにしています。

右ハンドル車の左後方は、一番の死角です。相手からは、見えていないと考えて、左後方には、車を近づけないように運動するのが一番ですね…

並走時間が長いでしょうね~ 
皆さんも言われてるように、「左後方は見にくい場所」なので、なるべく並走は避けた方が無難かと・・・

トラックでこの並走をされると結構緊張してしまいます(^_^;) 

死角に当たる位置で並走する時間が長く、撮影車にも落ち度がある。との意見が見受けられますが、その位置での走行を禁じる法は無く、目視をしないエクシーガが100%悪いです。

ただハンドル回避をする事によって、左後方にバイクが存在した場合、撮影車が投稿動画と同じ状況の加害者になりえます。

ハンドル回避はせずに、フルブレーキングのみで対処する様にした方がより安全でしたね。

私もがーさんの意見に同意でエクシーガが100%悪いと思います。かならず自動車学校で教えてもらっている ” はず ” の進路変更手順を守ってません。どうやら直接目視もして無いから、このドライバーに死角を無くすことは出来ません。基本的な運転手順なのですが。ほとんどのドライバーは免許を取ったらそれ以上(自分自身が事故らない為に)勉強しませんから。(笑)方向指示器もエクシーガは普段からしてないようですから周りが判るはずもありません。だから本当の意味での「もらい事故」が起きてしまう。一部の方が発言されてますが防衛運転として危険な間合いに入らないのは思慮深い運転が出来る人で、それを強要しては駄目だと思います。基本は「ルールを守り守られる」です。守らない人が一番悪いのです。殺人事件で「殺された人も悪い」と言ってるようなものです。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。