夜道のばあちゃん

コメント: この動画は参考になった: 4
撮影者のコメント:
横断歩道も何もない所からいきなし… 何もなくても油断はできません
監修者より:
夜道での歩行者との事故が多発しています。夜間は制限速度を守り、原則上向きライトでいきましょう。


コメント(3)

| コメントする

夜道は、見える範囲で止まれるスピードがベターです。

 jafによる検証において、車のハイビームで、対向の歩行者は車の運転手よりいち早くまぶしく迷惑に思うことが立証された。

「なんちゃってエジソン」車のハイビームをまぶしく感じる距離は?
https://www.youtube.com/watch?v=jF-hCxUrOCA

 今度はロービームで検証してほしい。

 この動画の歩行者も横断するに際し車から見えてるだろうと思って車道を横断したのだろう。逆に、車からは突然現れたのだろう。

 暗い場所では、車にとって対向車や対向歩行者、対向自転車がいないことを前提に「ハイビーム推奨」だけど、ハイビームのままだと対向の車、歩行者、自転車は非常に迷惑。まぶしい。

 車は、昼夜問わずそもそも異常時に安全に止まれる速度で走らないといけない。標識・標示などによる速度制限より、安全に止まれる速度を。ここ大事。

 なんか、最近、車優先の社会になってしまっていると思う。車社会が進んでしまって、jafも車優先の考えのコメントが多いんじゃないかな。

夜の住宅街を歩いていたり、自転車に乗っていて、向こうからハイビームの車が近づいてきたら、近所迷惑も考えずに人生最大の大きな声を出して「まぶしいよお」とその車に向かって叫んでいました。最後までハイビームのままだったら、すれ違いざまに、黒い車でないことを確認して、「ぼけぇ、まぶしいんだよぉ」と言ってやっていました。

「なんちゃってエジソン」車のハイビームをまぶしく感じる距離は?
https://www.youtube.com/watch?v=jF-hCxUrOCA

この実験を見ると、歩行者はまぶしくてもドライバーは気がついていないのですね。まったく知りませんでした。

私が歩行者や自転車がいる可能性のある場所をクルマで走る場合は、スピードを十分に落として走ることにし、ハイビームにはしないようしよう。歩行者を早く見つけるために、ハイビームをという警察の指導は、いやだなあ。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。