大型車の後には....

コメント: この動画は参考になった: 6
撮影者のコメント:
ダンプが一旦停止を無視して侵入。それは避けましたが後続の軽自動車が....


コメント(10)

| コメントする

前に見た気がします

↑「JAFセーフティシアター」では初出。ここの動画はほぼ全てが「ドラドラ動画」。
ところで、私には「ダンプ」には見えない。「コンクリートミキサー車」としか思えないのだけれど。
それと、ミキサー車が飛び出して来た時でクラクションを鳴らすべきだと思うね。だって、直進車の進行を間違いなく塞いでるのだから。決して上から目線で言う気は無いのだけれど、ウサギみたいに大人しくしていては駄目だとの考えからです。

仰る通り、ダンプではなく、ミキサー車のようですね。
タイトルと文字テロップを「大型車」に変更いたします。
ご指摘いただきありがとうございました。

ぶつけた軽自側の停止線の位置が交差点内に寄りすぎてます。
後ろに下げるべきでしょう。
交差点内で優先側の位置取りを明確にしないと時間差による先権と法令上の優先が混同してしまいます。
優先権の横暴がまかり通る現実もあります。

確かにきっかけはミキサーの一時不停止・前方不注意ということになるかもしれませんし、優先は直進側ですから、軽の一時不停止が事故の主因であるのも理解できます。

が、少なくとも私は、この状況での直進強行は絶対にしません。
止まります。

これは「自分が悪い/悪くない」「相手が悪い/悪くない」という話ではなく、この状況ならば「少なくとも自分が止まれば事故は起きなかった」という話です。
編集部さんの『相手が一時停止していれば避けられた可能性が高い』などという考えは全くの勘違い。相手車のブレーキペダルを踏めるのは、相手ドライバーだけですよ。

自分が悪かろうと、相手が悪かろうと、車がぶつかればそれが事故であることに変わりはありません。この事故を防ぐには、自分さえ止まればそれで十分でした。
決して撮影者さんを責めるわけではありませんが、事故が起きてから相手が悪いと怒っても、事故が起きなかったことにはなりません。事故そのものを最も確実な方法で防ぐのが、最も賢い運転だと思います。

この意見に全く同意です。
どちらが悪い、悪くないという議論は、事故抑止においてはほとんど無意味です。事故を起こしやすい人というのは、大体が性格で決まってしまいます。だから、ちょっと注意や説教したくらいでは、簡単には治りません。
結局、自分で気を付けるしかないのです。

これが職業ドライバーだと 運行管理者から厳しく注意され、それなりのペナルティご課せられることも。

軽自動車の立場になると ドラレコ車が左折するように感じたのかも。
まさか直進するとは思わなかったのかも。

ドラレコ車は 逆光で軽自動車ドライバーが こっち見てるのか? それが見えない。
そして まさか 右折してくると思わなかった。

結局 まさか、、だろう、、、なんですよね。

JAFMate誌上の「危険予知」コーナーなどでは、必ず、私の先のコメントのような「事故を防ぐ」という観点での記述がされているように思います。例えば、「危険な走行で飛び出してくるバイクを予知できれば事故は防げる。今回のシーンでは、このような点から予知することが可能」というように。

しかしこの「セーフティーシアター」における編集部さんのコメントは、それとは全く逆のベクトルになっていることがままあり、この大きすぎる違いは一体なぜなのかといつも不思議に感じています。

これは邪推なのかも知れませんが、動画の投稿者さんへの配慮(投稿してくださった方を責めない)から、このようなことになっているのでしょうか?

相手が交通法規を守ってさえいれば…という考えは、典型的な事故を起こしやすい思考。だんぢーパパさんの仰るような「まさか、だろう」運転にも繋がるものです。
何らか事情があるにせよ、このような考え方をJAFさんの名前付きで、半ば肯定的に広めてしまうというのは、結果としてJAFさんご自身の交通安全に対する長年の努力を損ねる行為に感じます。

大げさかも知れませんが、この2日間どうしても本件が頭から離れず、僭越ながらコメントをさせていただきました。
ほとんど編集部スタッフ様方への私信となってしまいましたので、もしこの欄にふさわしくないようであれば、削除いただいても構いません。
何卒、よろしくお願い致します。

編集部

ご意見頂戴し、ありがとうございます。編集部として、趣旨を説明させていただきます。

JAFセーフティシアターに掲載している動画は、ご存知の通り、ドライブレコーダーで撮影されたものです。これらの映像は、実際の交通状況で撮影されてはいますが、映像に写る範囲は限られており、必ずしも事故の原因や運転者・第三者の是非のすべてを正確に明らかにする性質のものではないと考えています。

映像に対する解釈は人それぞれあり、見る方それぞれが、交通安全についてご自身でお考えいただくことが最も重要であると考えております(交通安全に正解が必ずあるわけではないと考えます)。文字テロップについても、専門家の監修を受けていますが、100%の正しさを主張するものではないと考えています。ご意見に応じて文字テロップを変更することもあります。

このサイトの存在価値は、映像を見た方が似たような状況に出逢ったときに映像のシーンを思い出していただくことにあります。いわば、映像で事故を疑似体験し、記憶に残すことと申しましょうか。その際に重要なのは、文字テロップで示したことを忠実に実行いただくのではなく(映像と同一の状況が起きる可能性は限りなくゼロに近い)、映像の記憶に基づいて、ご自身の考えでリスク回避の運転操作につなげていただくことです。文字テロップの正否をないがしろにするわけではありませんが、映像の記憶が残る方がより重要と考えています。

人間の脳は、元来忘れやすいようにできていますので、映像の記憶を長くとどめるには、映像そのものに加え、文字テロップやこのようなコメントでのディスカッションで、より印象強く、記憶に残す仕組みが必要です。ですから、理由は何にせよ、議論が盛り上がったり、強く気を引きつけられることは良いことだと考えています。

ご納得いただけるか分かりませんが、以上のようなコンセプトで運営しております(試行錯誤であることは確かです)。

今後ともよろしくお願いします。

一時停止しない車に100%責任は有ると思うけど。
ミクサー車が通過する時の、撮影者が全てだと思う。
どんな状況でも優先権は自分にあると思って運転してる人が多い。
少し余裕を持って譲り合えが事故は減る。
事故が減れば自動車保険が安くなる。

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。