高速道路で危険な追い抜き

コメント: この動画は参考になった: 3
撮影者のコメント:
無理な割り込みをしてきた瞬間、走行車線を走っていたトラックが車線変更。もう少しで衝突するところでした。
監修者より:
危険な追い抜きを繰り返しても、短縮できる時間はわずかであることを肝に銘じましょう。事故を起こさないことが、最大の時間短縮です。


コメント(6)

| コメントする

危なかったですね。

でも、この車はどうかわかりませんが、よく見かけるのが、追い越し車線を普通の車線と同じにずっと走りつづける車も見かけますが、これもよくないですよね。

たしか、違反の対象になっていたと思います。

追い越しのため車線変更するのに、合図を出さない車も時々見かけますよね。
今回ほどの無理な割り込みまでではないにしても、いきなり車線変更をされるとヒヤッとします。

ワゴン車危なかったね。
でもカメラ積んでる車も、追い越す気配が無いようだけど、追い越す気が無いのにダラダラと追い越し車線を走ってるのは違法ですね。

この動画の撮影車は追い越し車線を走り続けていますね。トラックを追い越ししているのではないですね。トラックは遠ざかっいます。
白のワンボックスが走行車線から追い越しは違法ですが、そういう走りをさせている原因は撮影車が走行車線を走り続けているからだと思います。

最近の車には衝突防止で車間が少なくなるとブレーキを掛けるシステムがありますが、
追い越しした車が車間の無い状況で走行車線に入って、後続の車が減速する状況です。
意図せずに、車が勝手に急減速する場合もあります。
前の車が減速すれば、後続の車は減速するか追い越し車線に車線変更をして追い越しをします。
先の減速した車は車間があいたら加速をして元の速度を維持しようとします。
そして、並走状態ができ、渋滞が発生します。
周りの状況、車間、スピードメーターをよく見て スムーズな走行を心がけてもらいたいですね。

高速道路は、一般道以上に車両ごとのスピードの差があります。
この映像では、無理な追い越しがポイントになっているようですが、
追い越し車線の走り方もポイントですね。
高速道路をよく使うので、自分の運転も振り返ってみます。
大きな事故に巻き込まれなくて良かったですね。

どうして追い越し車線をずっと走り続けてるのでしょうか?
違反ですよね。
原因の一部は撮影者さんにもあると思いますがいかがでしょう?

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。