黄色信号は止まろう

コメント: この動画は参考になった: 6
撮影者のコメント:
大型トラックが黄色信号をかなり遅いタイミングで通過。傘を差した自転車が見切り発車で横断を開始してトラックとあわや接触寸前。両者死角に入っていたのかもしれません。


コメント(4)

| コメントする

黄信号に変わった瞬間は停止線を越えるかどうかあたりかな。
そのタイミングで止まる人はあまりいないような気もします。
歩行者用信号も見て信号が変わるタイミングを計るとよりよいかも。

事故しそうになったのは自転車の傘持ち運転により地面に足を着きたくなくて見切り横断になってしまっているからでしょう。

車を運転しない人は、車側は全ての歩行者・自転車を認識できていると思い込んでいるので、それに応じた判断が必要ですよね。このケースでは轢けばトラックの信号無視と判断されるでしょうし、どうぞ自衛運転で。

これはチャリが「極悪」ですな。
あの信号のタイミングで停車するのは教習車ぐらいだろう、
教官の急ブレーキで・・・、そして追突事故が・・・イヤイヤそれはないか。
荷を積んでるトラックならば絶対に停車しない、急停車での荷崩れの可能性があるしね。
結果としてクソチャリのせいで急停車せざる得なくなったわけだが
やはり「あのチャリ出てくるかも・・・」の意識が必要だな
本当、車を運転した事ないチャリ野郎は、動く危険物その物だよな

平時の運転と教習所で習う運転とやらはここでは別物らしい

car insurance quotes
cheap car insurance online
cheapest car insurance
cheapest car insurance

コメントする

コメントは交通安全に資する内容でお願いします。ページをご覧になられた方が不愉快になるような内容はご遠慮ください。議論は紳士的で丁寧な言葉遣いでお願いします。見る人の人生に資するコメントを、あなたの言葉で、ぜひ、お寄せください。
編集部にてコメントの内容を一部変更する場合があります。また、映像の撮影者や他のコメント投稿者に対する批評を超えた人格批判等は削除します。あらかじめご了承ください。